伊丹高台 茶舗木蔭

お茶について

木蔭のお茶

澄んだ空気ときれいな水。良いお茶が育つのに欠かせない大切な事です。木蔭のお茶は産地にこだわり、生産者の方が大切に育ててきたお茶を扱っています。良いお茶は穏やかな人にゆったりと育てられ、きちんと愛情を注がれています。木蔭オリジナルのお茶は品質本位の価値あるお茶であると自負しております。

お茶は製茶によって味が決まると言われるほどその加工・選別には技術が必要とされます。木蔭では、日本茶鑑定士の厳しいチェックと、徹底して品質管理(ISO9001認証取得)されている老舗の製茶工場で作られるお茶を扱っています。そこでつくられるお茶は味は勿論、安全面でも最高水準にあります。

木蔭のお茶は一番茶を主体としています。一番茶というのは、その年の新芽が出てきて一番初めにつんだ茶葉で作るお茶のことです。当然一番旨味成分が多く、品の良い高級なお茶になります。天候や気温によって収穫されたお茶の出来栄えが変わってきますので、毎年味を見てブレンドするお茶の配合を変えています。

煎茶をおいしくいれるには

お茶はお湯を入れれば誰でも美味しくいれれる完成された品物です。難しく考えず、気楽に飲んでいただければと思っています。でも、より美味しく飲んで頂くためのコツを少しお知らせします。